家相の覚え書き > 日破殺について

家相で家造りを考える

家相の覚え書き




方位と日常の生活について:日破殺
家相で家造りを考えるでは、方位の吉凶そしてその重要性について説明してきました。

しかしながら、日常の生活の中で、「今日は悪い方角・日だから・・」と、
すべての仕事(日常生活)を休み、拒絶していたら、社会から排除され、生活は出来ないでしょう。
ましてや、すべてに対処することは、不可能(非常識)です。
ではいったい、どのようにして日常の生活をしてゆけばよいのでしょうか。

私達の普段の生活・仕事を考えてみると、日の単位で素早く決断・対応しなければいけない事が多く、
月、年で考えないといけない事は、それほど多くありません。
つまり、日常の生活・仕事で、呂気(凶)を避け、律気(吉)効果を望むのであれば、
まず、日の凶日である日破殺が、いつなのかを先んじて知り、対応する事はと、ても大切なのです。

日破殺日・日破殺方位について

日破殺とは、この日の行動が原因でトラブルとなったり、
人間関係や仕事で不愉快な思いを したり、
場合によっては事故に遭遇したりする凶日・凶方位です。

特に新規事に関しては、注意が必要で新規の顧客、初デート、苦情処理、相談事等々
この日に事を為すことは避けるようにするのが無難です。
この日に限って、やる事なす事まったく上手く行かず、トラブルに捲き込まれたり、
人間関係を悪くしたり、予想外の出来事が起きる日は、此の日破殺日に事を為している可能性があります。
日破殺日は、大安や仏滅のように一定の順番でやってきません。

九星やその年により、前半に多い人、後半に多い人、全体に多い人など様々です。
つまり、毎月、同じ事をやっていても、
日破殺日の多い月の人は、日破殺と知らずに事をおこしてしまう可能性が大きくなります。

例えば、
2008年1月の日破殺日を見てみると
七赤金星の日破殺は、1月6日のたった1日だけ。
二黒土星は、1月8日、12日、14日、22日、25日と、なんと5日もあります。
年の後半(前半)になったとたん、物事がうまくいなかくなったり、
やっかい事に捲き込まれている人は、日破殺を確認してみて下さい。

天道会合日(吉日)とは何ですか?

あなたの運気が上昇している日です。
新しい事、契約、大切な事(大切な人と会う、交渉)をするのに適している日です。
また、可能ならクレーム処理なども、この日を使ってみてください。大難も小難となるはずです。
地鎮祭・上棟日を行う日としてもご利用できます(ただし、日破殺と重なる日と日破方位は不可)

あなたは、この日破殺を避けて、
運の強い天道会合日に、あなたにとって最も大切で、大事なことをすれば、よいわけです。
日破殺日、天道会合日以外の日は、平運の日となります。

どうしても行動することが必要であれば、日破殺日を避け平運の日とすることです。

引越、長期の日破殺が必要な方は、方位診断をご利用下さい。

引越の移動方位の吉凶・方位診断の詳細
三合方位構相(三支合通気) 日破殺について六曜について(六輝)


前へ

トップ

次へ
Copyright (c) 2014 家相で家造りを考える. All Rights Reserved. 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。

建築運気携帯サイト・家相学
方位学家相講座
      

Google+