家相の覚え書き > 生まれ年と家相について

家相で家造りを考える

家相の覚え書き




生まれ年と家相について
住み家は人が自然と融和して共生するための手段です。
したがって、家相とは、家の各方位に設置された生活用途による、共生環境の適 合の良し悪しを、判断するためのものです。

居住共生環境が良好となれば、人の心身に、方位から発生する良い影響を受ける ことができ、運気を上昇させ、運勢を良い方位に発展させることになります。
そして、 すべての人には、この世に生まれた時に服した気により、九つの星に 分類され、 その星が本命星となります。

本命星には、それぞれ定められた方位があります。
その方位の共生環境を大切にすることで良い影響が得られる良相の住み家となり ます。
これから、本命星と家相がどのような関係にあるかアドバイスします。

アドバイスは、あくまで基本的な要素にて、この事を応用活用することが大切と なります。
家相として必ず大切にしなければならないエリアがあります。

  1. 北東と南西方位は可能なかぎり清潔を保つことです。
  2. 不浄用途、水回り用途設置の場合は、どの方位に配置するにしても必ず正中 線上、四隅線上に設備機器を配置しないこと。
  3. 欠け形体は、どのエリアにても構成しないこと。
  4. 家の宅心のポイント、エリア内に階段及び、不浄物の設置は避ける。 ポイ ントしては、玄関と水や火を使用するキッチン、トイレの三備となります。

また、 職業に関わる方位も、可能なかぎり良相に保つことが、大切な方位もあることも理解しておくことです。


前へ

トップ

次へ
Copyright (c) 2014 家相で家造りを考える. All Rights Reserved. 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。

建築運気携帯サイト・家相学
方位学家相講座
      

Google+