家相の覚え書き > 方位を知るために家の中心を求める

家相で家造りを考える

家相の覚え書き




方位を知るために家の中心を求める。
家の中心を求め、真北の指針により各方位を知るのです。
方位には、それぞれ象意があり、それぞれの性質のエネルギーが流れています。
このエネルギーが建物の張り形体であればプラスに作用し、欠けの形体であればマイナスに作用します。

家の中心を求めるには、正確な寸法により作図された平面図により
@張り欠けを除いて中心を求める。
A張り及び欠けを平均して中心を求める。
この2つの方法が一般的に使われます。

複雑な平面の場合は、力学的な重心を中心とする場合もありますが、この場合は良相の家相とはいえません。
家が2階建て以上の場合には、1階は1階、2階は2階というように、それぞれの階の平面によって中心を求めます。

二世帯住宅も、玄関が独立している平面の場合は、それぞれの住宅について中心を求めます。
ここで大切なことは、戸外空間と室内空間との判断です。

中心を求める際には、室内空間のみとなりますが、半戸外空間は平面の構相によっては、空間とし中心を求める際に含める場合もあります。
中心が変われば、全ての方位指標が変わり的確な家相の良し悪しの判断ができません。

建物の形体を見極めて判断することも大切です。
建物の張り欠けについては、 家相で家造りを考えるの建物の「張り」と「欠け」を参考としてください。
八方位には、それぞれ象意があります。

その意味を理解するための基礎知識として、九星五行の関わりについて説明をします。
九星とは、人のエネルギーです。これは人が誕生した時にどの気を服したのかによって定められます。


前へ

トップ

次へ
Copyright (c) 2014 家相で家造りを考える. All Rights Reserved. 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。

建築運気携帯サイト・家相学
方位学家相講座
      

Google+