家相の覚え書き > 九紫火星生まれの人と家相

家相で家造りを考える

家相の覚え書き




九紫火星生まれの人と家相
この星に生まれた人の九紫には、最初の星である一白とは最も大きな相剋となる火の象を持っています。
火には、美しさがあり、明るさをもたらし、物を鮮明に表してくれます。

また、火は離合集散をも表します、そして、その方位は南を定位とします。
南の方位は、精神面や知的な面に作用をするエリアとなります。

家相を良相とするポイント

  1. 南に1/3以下の張り形体を構成する。 どの方位も欠けになる凶相は、そ の人の運気に衰退の影響が発生しますが、特に 南は、運気のみならず精神的な 面に大きく作用し、精神不安定、何をやってもす ぐ気が変わり、長続きしない と言う事になります。
  2. たとえば、会社に入ってもすぐに辞めたり、もっと良くない事として、結婚してもすぐに離婚と言う事になります。
  3. トイレ、キッチンセットの設置は避ける。特に相剋である水の設置は要注意となります。
  4. 池や井戸の設置は、必ず避ける。
  5. 陽射が充分受けられる家相とし、陽射を遮る高い植樹は避ける。

家相の方位影響として

◎吉相の場合 知的な面に良い影響を与え、的確な判断が感覚的な鋭さ、豊かさが発生します

▲凶相の場合 周囲とのトラブルが多くなり人との離合集散が顕著に現れます。

吉方位の配置方位として

  1. 玄関 東左エリア、東右エリア、東南左エリア、東南右エリア、北西左エリア、北西右 エリア 玄関ドアの開口中心線が、正中線、四隅線上に指標される事 は避ける。
  2. トイレ 西左エリア、西右エリア、北西右エリア、北左エリア、北右エリア 便器排出口の位置が正中線、四隅線上にポイントされる事は避ける。
  3. キッチン 東左エリア、東右エリア、東南左エリア、東南右エリア、西左エリア、西右エリア、北西右エリア キッチンセットのシンクコンロは必ず線上を 避けて設置。

生まれ十二支方位の玄関、トイレ、キッチン設置は避けること。


前へ

トップ

次へ
Copyright (c) 2014 家相で家造りを考える. All Rights Reserved. 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。

建築運気携帯サイト・家相学
方位学家相講座
      

Google+