家相の覚え書き > 七赤金星生まれの人と家相

家相で家造りを考える

家相の覚え書き




七赤金星生まれの人と家相
この星に生まれた人の七赤は、金銭や金属製の道具や器具を意味し西が定位となります。
財産、家庭における喜び、安らぎの方位影響が発生し、このエリアが良相であれ ば経済的に恵まれ、楽しい家庭と豊かな生活を保つ事が可能となります。

家相を良相とするポイント

  1. 西エリアに、1/3以下の張り形体を構成する。 しかし、このエリアの張りは、なるべく小さな張り形体が良相。 東南エリアに張り形体を構成すれば、支合により更に吉相となります。 金運気に影響する方位にて、欠けの形体は必ず構成しない事が大切。
  2. 西エリアに別棟として、小さな物置を設置する事も良相。 ビジネスが順調に運ばれ、金運も上昇します、しかし、そのことに対しては自分 を律する事も大切です。
  3. この生まれ星の人は必ず西エリアのトイレ、浴槽、キッチン設備の設置は避 ける。

家相の方位影響として

◎吉相の場合 収入にめぐまれ、そして家庭運にも恵まれるので豊かな人生を送る事が出来ます。

▲凶相の場合 経済的な苦労が常にともない、家庭衰退となり大切な飲食の面にも不足が生じる 事になります。

吉方位の配置方位として

  1. 玄関 東左エリア、東右エリア、東南左エリア、東南右エリア、南左エリア、南右エリ ア 玄関ドアの開口中心線が、正中線・四隅線上に指標される事は必ず避けることが 大切です。
  2. トイレ 北西左エリア、北西左エリア、北左エリア、北右エリア、便器の排出出口を必ず、 正中線、四隅線上の設置を避ける。 生まれ十二支方位と、正中線上が重なりますから、トイレなどの不浄物の設置は 必ず避けることです。
  3. キッチン 東左エリア、東右エリア、東南左エリア、東南右エリア、北西左エリア、北西右 エリア、北左エリアキッチン設備のシンクコンロは、必ず正中線、四隅線上の設 置は避ける。


前へ

トップ

次へ
Copyright (c) 2014 家相で家造りを考える. All Rights Reserved. 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。

建築運気携帯サイト・家相学
方位学家相講座
      

Google+