家相の覚え書き > 六白金星生まれの人と家相

家相で家造りを考える

家相の覚え書き




六白金星生まれの人と家相
六白金星生まれの人と家相 この星に生まれた人の六白は、二黒が母なる大地を象とする星に対して、父なる天を象とする星にて、北西が定位となります。

この方位は、したがって家族の長である主人としての定位置でもあり、東南と同 じく福線上にある大切な方位です。

この北西エリアを良相とする事で、安定した家族生活を保つ事が出来ます。
家を建築する場合、与えられた厳しい条件の中での建築です。

全てを良しとするわけには生きませんが、凶相だけは避けることです。
十二支では、丑、辰、羊、戌年生まれの人となります。

家相を良相とするポイント

  1. 北西方位に1/3以下の張り形体を構成する、欠けの形体は必ず避ける。 主人の運気についての影響が、張りプラス欠けマイナスと大きく作用します。 支合方位となる東方位は、張り形体または、別棟を設置する事で、支合によるプ ラスの作用 が発生します。 経営者は活用する事です。
  2. 北西に主屋の1/3以下の別棟が配置された相。
  3. トイレや浄化槽など、不浄な用途の設置は避ける。 設置の場合は、便器 を西寄り左エリア、北寄り右エリアとし、四隅線エリアは避ける。そして、間接補正にて対処する事です。
  4. キッチン用途とする場合には、キッチン・コンロの配置に注意。

方位影響として

○吉相の場合 主人の良き、リーダーシップにより家庭が精神的な安定となります。
金運上昇、物質的にも恵まれ、家庭円満、家族の健康運気も上昇します。

★凶相の場合 家庭面、仕事面でのトラブルが多発し、突発的な事故病気に見舞われます。

吉方位の配置方位として

  1. 玄関 東左エリア、東右エリア、東南左エリア、東南右エリア、南左エリア、 南右エリ ア 玄関ドアの開口中心線が、正中線上、四隅線上に指標される事は 必ず避ける。
  2. トイレ 西左エリア、西右エリア、北左エリア、北右エリア 便器の排出口は 必ず正中線上、四隅線上を避ける。
  3. キッチン 東左エリア、東右エリア、東南左エリア、東南右エリア シンクお よびコンロ設置は、正中線上、四隅線上を避ける。

生まれ十二支方位に上記の設置は避けることが大切です。


前へ

トップ

次へ
Copyright (c) 2014 家相で家造りを考える. All Rights Reserved. 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。

建築運気携帯サイト・家相学
方位学家相講座
      

Google+