家相の覚え書き > 方位と祐気(五行精気)

家相で家造りを考える

家相の覚え書き




方位と祐気(五行精気)
家相を判断する時に覚えておかなければいけない方位と五行の関係を書いておきます。
文章は短いですがとても重要です。

(B)東方気=木星の気
大気・植物(樹木)から取り入れる気体の気。(樹気) 木の性質である、育成、発展、成功の意が大きくなります。


(C)南方気=火星の気
太陽・星、火から取り入れる神気 火の性質である、知・名誉という効果もあり。


(D)西方気=金星の気
鉱石から取り入れる、固体の気。 金の性質である、金財運に良気


(A)北方気=水星の気
水のような流動性のあるものから取り入れる液体の気。 人間関係運に効果を増す。


(C.P)中心気=土星の気 
居住する地場 大地(地場)から取り入れる鉱成分気 成育・腐敗という2つの相反する作用があり、勤労、健康運に作用有り。
※地鎮祭に用いる砂は、海岸の波打ち際に近い砂が良し。

※英数字に関しては、二十四山方位を参照して下さい。


前へ

トップ

次へ
Copyright (c) 2014 家相で家造りを考える. All Rights Reserved. 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。

建築運気携帯サイト・家相学
方位学家相講座
      

Google+