家相の覚え書き > 四緑木星生まれの人と家相

家相で家造りを考える

家相の覚え書き




四緑木星生まれの人と家相
この星に生まれた人の四緑は、物事を整えるの象意を持つ、東南方位が定位とな ります。
その意味からして全てのこと、全ての方位に影響を与えます。
東南、宅心、北西を結ぶ方位線は福線といい、良相とすると方位効果により方徳 運気発生のエリ アとなります。

家相を大切にするには、この福線が凶相とならないようにすることが重要なポイ ントとなり、この四緑木星に生まれた人は、特に注意することです。
十二支では、子、卯、午、酉、年生まれの人となります。

家相を良相とするポイント

  1. 東南方位に1/3以下の張り形体を構成する。 すべての人について最も良 い影響があり、最も効果が大きい張り構相となります。 欠け形体構成の家相は、必ず避けることです。
  2. 東南方位に別棟が配置されている相。 別棟は、主屋の1/3以下とする。
  3. 東南方位の井戸は良方位となります。
  4. 庭が造られている相。 四緑木星生まれの人は、植樹による庭は特に良い相。
  5. 開放窓が少ない相としない。可能なかぎり、通気の良い相とする。 この方位からの通気を円滑に、陽射を良好とすることが最も良相とするポイントとなります。

方位影響として

◎吉相の場合
社交運気が上昇し、人間関係での信用が上昇し、
そのことで、ビ ジネス運気、家庭運気が上昇の良い作用あり。

●凶相の場合
人間関係が悪化、家庭内に置いてもトラブルが絶えなくなり、
家庭運気が衰退、 ビジネス運気も大きく衰退の影響が発生。

吉方位の配置方位

  1. 玄関: 東左エリア、東右エリア、南左エリア、南右エリア、北西左エリア、北西右エリア。 玄関ドアの開口中心線が、正中線エリア、四隅線エリア内にポイントされ ること は必ず避ける。
  2. トイレ: 西左エリア、西右エリア、北西左エリア、北西右エリア、北左エリア、北右エリ ア。 便器の排出口は必ず正中線上、四隅線上を避ける。
  3. キッチン: 東左エリア、東右エリア、北西左エリア、北西右エリア、西右エリア シンク及 びコンロ設置は、正中線上、四隅線上を避ける。

四緑木星生まれの人は、正中線エリアに生まれ十二支が重なります。
そのため、正中線上は特に要注意となります。 良くない作用が相乗して、2つ の運気に大きく作用します。


前へ

トップ

次へ
Copyright (c) 2014 家相で家造りを考える. All Rights Reserved. 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。

建築運気携帯サイト・家相学
方位学家相講座
      

Google+