家相の覚え書き > 三碧星生まれの人と家相

家相で家造りを考える

家相の覚え書き




三碧星生まれの人と家相
この星に生まれた人の三碧は、太陽の昇る東が定位となります。
1日が始まる活生気の旺盛な方位となります。
十二支では丑、辰、未、戌年生まれの人となります。
この東の方位は、三碧生まれ以外の人でもビジネス運気にとって大切な方位となります。

家相を吉相とするポイント

  1. 東方位を1/3以下の張り形体を構成する。 間違っても欠け形体を構成しないこと。 支合方位を活用して、北西方位を張り形体の構相としても良相。
  2. 東方位に別棟を配置すると、張りの構相となり良相。
  3. 東方位は、太陽の昇る方位となります、開放窓を設置し発展の陽射を大きく 受けることで良相。 壁で大きく閉塞されている相は良くありません。
  4. 4. 三碧木星の人は、方徳を得るため、トイレ、浴室は可能なかぎり避けることが良し。

方位影響として

良相の場合 活性発展気が発生し、ビジネス運気、家庭運気に活動的な良い影響が発生します。
健康面でも、バイタリティに満ちたスタミナのある健康となる運気が発生。 特に男子にとって良い影響が発生。

凶相の場合 東方位から発生の吉意の影響が、ことごとくマイナスに作用します。
活気がなくなり、家庭運気、健康運気が下降します。 特にビジネス運気に大きくマイナスの作用が影響します。

良方位の配置方位として

  1. 玄関 −東南左エリア、東南右エリア、南左エリア、南右エリア、北西左エリア、北西右 エリア 玄関ドアの開口中心線は、必ず正中線エリア、四隅線エリアを避けることで方徳 あり。
  2. トイレ −西左エリア、西右エリア、北西左エリア、北西右エリア、北左エリア、北右エリ ア 便器排出口は必ず、正中線、四隅線上を避ける事が大切。
  3. キッチン −東南左エリア、東南右エリア、南左エリア、西右エリア、北西左エリア、北西右 エリア、北左エリア、北右エリア シンク及びコンロ設置方位は、正中線上、四隅線上を避けることが大切です。
  4. 辰年生まれは、東南左エリアの上記の配置は避ける。 戌年生まれも北西左エリアの上記の配置は避けることが大切です。


前へ

トップ

次へ
Copyright (c) 2014 家相で家造りを考える. All Rights Reserved. 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。

建築運気携帯サイト・家相学
方位学家相講座
      

Google+