家相の覚え書き > 一白水星生まれの人と家相

家相で家造りを考える

家相の覚え書き




一白水星生まれの人と家相
この星に生まれた人の一白は、陰陽の接点となる北の方位が本命定位となり、 十二支で子と月の影響力で、共通性があるのは、 子、卯、午、酉生まれの人となります。

自然界においては水の象意を持っていて、水の影響を大きく受けます。
そして、北の方位の影響が大きく運気の良し悪しにかかわってきます。

家相を良相とするポイントは

  1. 北方位に三分の一以下の張り形体の構相とする。 欠け形体は必ず避けること、支合効果を活用して東南方位に、小さな別棟を置く とさらによい家相となる。
  2. 玄関、トイレ、キッチンを方位中心線上に設置することは避ける。
  3. 井戸、浄化槽の設置は必ず避ける。 方位影響として 良相の場合 夫婦和合に良い影響発生、家庭生活が安定します。 凶相の場合 家庭内のトラブル病気が絶えることなく発生。 夫婦不和の相となり ます。

吉方位の配置として

  1. 玄関 東南左エリア、東南右エリア、北西左エリア、北西右エリア、東左エリア、東右 エリア 東については、卯年生まれは要注意。 玄関ドアの開口中心線が各四隅線 エリア、正中線エリア内の中心線上に、指標される事は必ず避ける。
  2. トイレ 西左エリア、西右エリア、北西左エリア、北西右エリア 西については、酉年生 まれは要注意。
  3. キッチン 東左エリア、東右エリア、東南左エリア、東南右エリア、 シンク及びコンロの 設置方位は、正中線四隅線エリア内の中心線上に指標される事は避ける。


前へ

トップ

次へ
Copyright (c) 2014 家相で家造りを考える. All Rights Reserved. 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。

建築運気携帯サイト・家相学
方位学家相講座
      

Google+