家相の覚え書き > 生まれ年の九星・十二支の精気と方位

家相で家造りを考える

家相の覚え書き




九星・十二支・十干
九星の種類
一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星 五黄土星、
六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星

十二支の種類
子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥
に分けられます。

十干の種類
木−甲(こう) 木の兄(きのえ)
   乙(おつ) 木の弟(きのと)
火−丙(へい) 火の兄(ひのえ)
   丁(てい) 火の弟(ひのと) 
土−戊(ぼ) 土の兄(つちのえ)
   己(き) 土の弟(つちのと) 
金−庚(こう) 金の兄(かのえ)
   辛(しん) 金の弟(かのと) 
水−壬(じん) 水の兄(みずのえ)
   癸(き) 水の弟(みずのと) 

十二支は、地のエネルギーを意味し、

十干は、人間の知能や学びなど精神的エネルギーを意味します。

地上に降り注ぐ天のエネルギー(十干)と地上から発せられる地のエネルギー (十二支)が混じり合って構成されたものが九星です。


前へ

トップ

次へ
Copyright (c) 2014 家相で家造りを考える. All Rights Reserved. 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。

建築運気携帯サイト・家相学
方位学家相講座
      

Google+