家相の覚え書き > 酉年生まれの人の家相

家相で家造りを考える

家相の覚え書き




健康方位 西正中エリア 西方気 三支合通気
西の方位が最も大切な用途スペースとなります。
西方気の核となる、通気方位にて、此のエリアに不浄なもの及び開放欠けとなる 玄関などの用途の設置は、避けることが大切です。

金銭運気、健康運気に大きく影響する方位にて、どうしても設置しなければなら ない場合には、必ず中心線上は避け、北西四隅左エリア寄りとする。
そして、用途対策にて対処することです。

支合する大切な2つの方位は、東南四隅右エリア、北東四隅左エリアとなります。
特に東南四隅右エリアからの長養の気による、活生気は大切とすることです。

東南四隅エリアの盛運の方位効果を上昇させるため、張り形体を構相または、設 置用途をリビングなどの居住室とし、良相とすることで、西の方位効果を支合の 効果により更に上昇させることも可能となります。

今まで、支合通気による活用をアドバイスしてきましたが、いずれの場合も必ず 家の中心である宅心は清潔を大切にし、通気が家の核として円滑となるよう整理 しておくことです。

この対処により、多少問題がある用途でもよくない気の発生を防ぐことになり ます。

金星の気 = 鉱成分による精気を大切に、鉱成水(温泉成分の入浴剤)による 入浴

星の気 = 精気 = 自然のエネルギー
通気 = 給気 + 排気 = 律動の気の流れ


前へ

トップ

次へ
Copyright (c) 2014 家相で家造りを考える. All Rights Reserved. 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。

建築運気携帯サイト・家相学
方位学家相講座
      

Google+