家相の覚え書き > 申年生まれの人の家相

家相で家造りを考える

家相の覚え書き




健康方位 − 南西四隅右エリア 北方気 三支合通気
南西の西寄り方位が大切な用途スペースとなります。
未年と同じく裏鬼門と呼ばれるエリアとなります。

トイレなど不浄な用途の設置は、左エリアと同様避けることが大切です。

此のエリアは、左エリアと方位影響力として多少異なる点は、トイレ以外の水回 り設備をやむをえず設置の場合には、可能な限り設備器具を西左エリア寄りに設置し、支合方位の1つである、東南四 隅左エリア(東寄り)の活性通気を大切とすることです。

支合となる2つの大切な方位は、核となる北正中エリア、東南四隅左エリアとなります。
この南西エリアは、湿気を滞留させ腐敗気を発生させないことが大切です。

したがって、その要因となる欠け構相は必ず避けることです。
六十歳を過ぎようとしている人には特にこの北方気による三支合通気が大切とな ります。

健康で安定した生活を保つための運気発生の効果があります。

水回り用途を設置の場合は、必ず東南四隅エリアを良相とすることを大切にする ことです。

水星の気 = 水分による精気を大切に、神社に参拝し服気した上で、神水(自 然水)をいただくことも良し。

星の気 = 精気 = 律動の自然のエネルギー
通気 = 給気 + 排気 = 気の流れ


前へ

トップ

次へ
Copyright (c) 2014 家相で家造りを考える. All Rights Reserved. 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。

建築運気携帯サイト・家相学
方位学家相講座
      

Google+