家相の覚え書き > 未年生まれの人の家相

家相で家造りを考える

家相の覚え書き




健康方位 − 南西四隅エリア 東方気 三支合通気
未年生まれの人は、南西の南より方位が最も大切な用途スペースとなります。
このエリアは、裏鬼門と呼ばれる方位となります。

化成の気の影響により、腐敗気が発生しやすいエリアにて、東、東南エリアから のスムーズな活生通気が、常に保たれる構相でなければ、浴室・台所など水回り 設備の設置は必ず避けることです。

身体的疲労、仕事上の不調など身近な問題や苦労が発生します。

次に支合する大切な方位は、核となる東正中エリアと北西四隅エリアとなります。

この二方位の良い支合通気 = 給気 + 排気、特に東正中エリアの舒長の気 (最も活性されたエネルギー)により、南西のこのエリアに多少懸念が生じるよ うな用途スペースが設置されても、通気により補正してくれます。

東は、活生気発生方位、北西は、気を安定させる方位にて、ビジネス運気を盛運 気に上昇させる為に大切な通気方位となります。

特にビジネスマン及び自営者は、活性の東方位+勤労の南西方位+安定の北西方 位の三支合通気を、大切にすることです。

南西エリア外部の地場が、化成の気の影響を受け、よくない気の発生を防ぐ対処 法として、通気を円滑とし可能な限り陽射による、陰影の発生を避け、地場を植 芝により緑被して樹気の浄化機能を活用し、腐敗気の発生を弱小として、良くな い影響力の作用防ぐことです。

木星の気 = 植物の樹気による精気を大切に。
居住庭の植樹・植芝など。

星の気 = 精気 = 自然のエネルギー
通気 = 給気 + 排気 = 律動の気の流れ


前へ

トップ

次へ
Copyright (c) 2014 家相で家造りを考える. All Rights Reserved. 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。

建築運気携帯サイト・家相学
方位学家相講座
      

Google+