家相の覚え書き > 巳年生まれの人の家相

家相で家造りを考える

家相の覚え書き




健康方位 − 東南四隅右エリア 西方気三支合通気
辰年生まれの人と同じく、東南の方位が最も大切な方位となります。

この東南四隅右エリア(方位中心から南寄り)に、トイレ(便器)や浴室(浴槽) が設置されるのは、良くありません。
そして、次に大切な支合となる方位は、核となる西正中エリアと北東四隅左エリアとなります

東南方位からの強力な活性の方位大気を通気し、他の支合2方位に水回り設備を 設置し、この方位からの活性精気を、支合通気する。
この対処法にて、よい家相を構成することも方法の1つです。

他の二方位も必ず、正中線、四隅線から左、右、7.5度のエリアは、便器、浴槽など、水回り器具の設置は、避けることが大切です。

特に核となる西正中エリアは、収穫運気に影響を与える、金運気発生方位にて、 この方位に水回り設備設置の場合は、西正中右エリア(北寄り)とする。

他の生まれ年の人が、東南四隅右エリアに、トイレ・浴室を設置する場合、この エリアは、南の方位影響力が発生しやすく知的な面、頭脳の面に影響を与えます。

経営者・医師・デザイナーなど、知的ワーカーにとっては、南方位と同様、東南 左エリアとすることが大切です。

巳年の人
金星の気 
鉱成分による精気を大切に
鉱泉水による入浴、飲水など

星の気 = 精気 = 自然のエネルギー
通気 = 給気 + 排気 = 律動気の流れ


前へ

トップ

次へ
Copyright (c) 2014 家相で家造りを考える. All Rights Reserved. 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。

建築運気携帯サイト・家相学
方位学家相講座
      

Google+