家相の覚え書き > 寅年生まれの人の家相

家相で家造りを考える

家相の覚え書き




健康方位 − 北東四隅右エリア 南方気三支合通気
丑年と同じく北東の方位が、最も大切な用途スペースとなります。
丑年は、中心線より北方位寄りとなりますが、寅年は、中心線より東方位寄りとなります。

このスペースに浴室・トイレ・キッチンなど水回りが設置されていると、健康運 気にマイナスの影響が発生しやすくなります。

北東左エリアと同様、設備機器(便器・浴槽・キッチンシンク・キッチンコンロ) の設置は、必ず四隅線上を避ける。

また、常に新鮮な活性された大気を室内に通気させるよう心掛け、湿気や老廃気 を滞留させない工夫(方位対策)をすることです。

そして、支合する、2つの大切な方位は、南正中エリアと北西四隅左エリアとなります。

この三方位の室内環境を、常に通気により清潔に保てば、その支合によって健康 運気に良い影響を与えます。

寅年の人は
火星の気 − 太陽や星 火から取り入れる精気を大切に
たとえば、陽射から受ける気、神社から受ける気

星の気 = 精気 = 自然のエネルギー
通気 = 給気 + 排気 = 気の流れ



前へ

トップ

次へ
Copyright (c) 2014 家相で家造りを考える. All Rights Reserved. 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。

建築運気携帯サイト・家相学
方位学家相講座
      

Google+