家相の覚え書き > 丑年生まれの人の家相

家相で家造りを考える

家相の覚え書き




健康方位 − 北東四隅左エリア 西方気三支合通気
北東四隅左エリアが最も大切な用途スペースとなります。
北東四隅エリアは表鬼門といわれ凶の方位とされていますが、決して怖がること はありません。

常に地場空間を、清潔を保ち、浄化活性された大気を流入通気させる工夫をする ことです。

そして、此のエリアは、西正中エリア、東南四隅右エリアと非常に深い支合によ る、良い関係を持っています。

此のエリアにキッチン、浴室などの水回り設備が設置されている場合には、
西正 中エリア、東南四隅右エリアの室内環境をいつも清潔にし、
この2つのエリアか らの通気を流入させることで、北東四隅左エリアのマイナスの気を補うことが可 能となります。

しかし、水回り設備器具は必ず四隅線上を避けて設置することが大切です。

この事で健康運気に良い影響が発生します。

丑年の人は
金星の気
鉱物成分による精気(エネルギー)を特に大切に
。たとえば、鉱成分による水浴、ミネラルウォーターの飲水など。

星の気 = 精気 = 自然のエネルギー
通気 = 給気 + 排気 = 気の流れ


前へ

トップ

次へ
Copyright (c) 2014 家相で家造りを考える. All Rights Reserved. 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。

建築運気携帯サイト・家相学
方位学家相講座
      

Google+