家相の覚え書き > 自然換気法である三支合通気と家相について

家相で家造りを考える

家相の覚え書き




自然換気法である三支合通気と家相について
人にはそれぞれ最も健康運気に影響する大切な方位があります。
それが生まれ十二支による方位にて、健康方位となります。

その健康運気を良好へと支合する2つの方位があります。
必ず四正(東、西、南、北)の1つが含まれ、その四正の1つを核とした、三つの方位によるトライアングルの支合通気形体が構成されます。

この三支合による通気構相を活用し、人が生命を保つ根元的エネルギーである大気を、居住している室内に流入させ、通気によって良い居住室内環境を常に継続 して保ち、良い大気を服すことによって、上手に自然と共生することです。

それぞれの人によって大切な方位に、この大気を流入させる、通気窓を設置する ことが大切な要素となります。
そして 方位によってその窓の大きさも無論大切となります。 この事により大気のバランスが良好に保たれ、個人の健康運気を上昇させ、安定したものにするのが三支合通気です。

通気の良し悪しの影響は、居住者の運気に大きく作用します。
自然換気法 通気について家相の良し悪しは、自然と共生するため、いかに自然と調和している家であるかどうかという事です。

シンプルに日常の事柄に照らしあわせて考えるのが、家相を理解する最も近道です。
その日常の事柄の大切なものに、陽射(日当たり)と通気(風通し)があります。
この2つの自然の恵みは、特に大切となります。

シックハウス対策として建築基準法が改正され、建築物に機械換気設備の設置が、必要となりました。 これから、住宅を新築する場合には、換気設備を設置する事が必要となります。
これは、給気ファンと排気ファンを設置し、住宅内の各室が定められた換気回数 による、強制換気による換気が必要となります。

かつての日本住宅は、風通しの良いつくりで、部屋の空気が自然と換気されてました。
いわゆる自然通気による自然換気です。

家相では、良い方位からの自然の律動 ある大気を円滑に流入させ、通気による良い方位効果が、居住者に作用する、自然通気法を大切にします。 自然通気法のポイントは、居住者それぞれの、本命方位と健康方位によって判断し盛運気が得られるよう、そのエリアに通気窓を設置する事が大切となります。

機械による強制通気であっても、良い方位影響が発生する方位に設置する事が大切な家相要素となります。
人は、自然の恵みによって、生命が保たれたいる事を常に意識して生活する事です。
自然の恵みとして無料で受けていた、水、陽射、大気までが現代社会では有料となりました。
有料としたのは、恵みを受けていた人そのものです。

原点に戻り自然環境を大切にする事です。 人に良くない影響が作用し、過去には考えられないような良くない事が多く社会 に発生しています。
少しでも、自然と上手に共生できる家に住み、自然との恵みを多く得ることで、健康な体と健康な知を保つ事です。






前へ

トップ

次へ
Copyright (c) 2014 家相で家造りを考える. All Rights Reserved. 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。

建築運気携帯サイト・家相学
方位学家相講座
      

Google+