家相の覚え書き > 子年生まれの人の家相

家相で家造りを考える

家相の覚え書き




健康方位 − 北正中エリア 北方気三支合通気
健康に影響する方位が、北正中エリアとなり、そのエリアに配置される生活用途によって、良し悪しの影響が発生します。

此のエリアは、トイレや水回り設備などの配置は、可能な限り避けることです。

やむを得ず設置する場合には、便器、浴槽、キッチンシンクなどの設備機器は、
必ず正中線上を避けて設置し、常に湿気を防ぐ対策をすることが大切です。

そのためには此のエリア外部地場を良好にして、植物を植えたり、室内に植物 を置いて新しい活性された気を充分に取り入れるようにすることです。

次に大切な2つの方位は、
東南四隅左エリア と 南西四隅右エリアとなります。
この2つの方位は、北正中エリアをサポートしてくれる、大切な関係の方位となります。

子年生まれの人は、この三つの方位(ポイント・エリア)を常に清潔な室内環境 を保ち、良い環境による通気をすることで、三つの方位の支合効果により良い気 が発生します。

そして、健康運気に良い影響が発生します。

☆子年の人の大切な気として。
水星の気 水分による精気(エネルギー)を特に大切にすることで、健康運気にプラスの作 用が更に上昇します。
たとえば、飲み水(ミネラルウォーター)による水分の補給など


前へ

トップ

次へ
Copyright (c) 2014 家相で家造りを考える. All Rights Reserved. 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。

建築運気携帯サイト・家相学
方位学家相講座
      

Google+