家相の覚え書き > 引越方位の吉凶と判断

家相で家造りを考える

家相の覚え書き




引越の良し悪しの調べ方
移動方位の良し悪しを調べるとき
まず知っておかなければいけない最も大切な事があります。

それは、あなた自身の本命星と月命星が何であるのかを知る事です。

九星の割り出し方は、【家相で家造りを考える】のこちらのページで詳しく書いてあります。

本命星・九星が簡単にわかる方法 家相で家造りを考える流
月命星・九星が簡単にわかる方法 家相で家造りを考える流

立春については、平成に入ってからは2月4日となっていますが、それ以前は2月5日の日となっている年があるので注意が必要です。

【家相で家造りを考える】の九星早見表
この早見表で昭和55年を見ると、立春日が2月5日になっている事がわかると思います。

自分の本命星・月命星と家族各人の本命星・月命星をしっかり確認する事が移動方位の良し悪しを知る基本となります。

【家相で家造りを考える】の中でも何度も書いていますが、移動の影響は家相の影響より早く発生するので、家相ばかり気にしすぎて引っ越しする時期が大凶だったというような事にならないよう十分に気をつけて下さい。

移動に際して気をつけなければならない凶方位として
五黄殺
暗剣殺
本命殺
本命的殺
破殺(歳破、月破)
があります。
子供がいる家庭では、
さらに小児殺方位への移動も避ける事が大事となります。

凶方位の意味はこちらのページに書いてあるので再度確認して下さい。

一般的に凶方位というと、五黄殺、暗剣殺に注目してしまいますが、 移動の際に最も気をつけなければいけない方位は、破殺と考えています。

五黄殺は、自分から凶の作用を作り出ししまう方位です。
五黄殺の方位は大変強い方位で、この方位を適用すると何事に対しても強く作 用します。
周囲に対しても強くなるので、周りはあなたに対してものが言えなくなってゆ きます。
その為、自信過剰となり能力以上の事に手を出して破滅に向かってゆきます。 運気が上昇する事もありますが、これはロウソクが燃え尽きる一瞬の輝きで、 絶好調から一気に転落する事には変わりありません。

暗剣殺は五黄殺とは逆で、周りが強くなる事であなた自身に大きく不利な影響 が発生する事になります。
あなたにとって面白くない状態が続く事になります。

上記2つの方位も必ず避けなければいけない方位ですが、 破殺は、理不尽な凶作用が発生する為、最も気をつけなければならない方と考 えています。

さて
建築地が決まっている場合は、工事前に建築地への引越が最も良い年月となる 月を選び、引越日から逆算して工事日(工程)を決定すれば引越直前で慌てな いで済みます。

何も考えずに計画すると、たいては悪い時期の入居となってしまう事が多いの で、これをお読みの方はそのような事とならない様、事前の計画をしっかりと 行って準備して下さい


前へ

トップ

次へ
Copyright (c) 2014 家相で家造りを考える. All Rights Reserved. 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。

建築運気携帯サイト・家相学
方位学家相講座
      

Google+