家相の覚え書き > 家相間取りと鬼門について

家相で家造りを考える

家相の覚え書き




鬼門のキッチン(台所)
新築するに当たり、間取りを考えているところですが、台所が鬼門に配置されています。
西向きの対面キッチン(食卓はキッチンの南側に並んでいます。)で、コンロとシンクの間が北東になります。
周りの人に「鬼門では火と水は使わない方が良い。」と言われて間取りの変更をするべきか悩んでいます。

キッチンを90度回転させて南向きにするだけでもコンロとシンクはギリギリ鬼門を外れると思いますが、台所自体は鬼門に変わりありませんので、設計士さんからは、台所の北に食品庫を作り、台所自体を南にずらす方法を提案されています。
ただし、床面積は増やせないのでダイニングが狭くなるのですが、そこまで徹底した方が良いのでしょうか?

回答
家相の考えを大切にしたいのであれば
鬼門の台所は避ける事です。
住宅事情から、どうしても鬼門エリアに台所が来るのであれば、
少なくともキッチンセットは鬼門エリアを避けることです。
図面によっては補正が可能なこともありますが、
無料相談の範ちゅうを超えますので回答はここまでとします。


北東のダイニング
今、新築の間取りを計画しています。
キッチンと玄関を優先的に、東、東南に持 っていくと、北東の部分にダイニング置くことになりそうです。
まだ、変更可能 な時期なので、ダイニングを持っていっては行けない場所は、ありますでしょう か。

また、北東だと問題がある場合の、対処方法を教えていただけませんでしょ うか。よろしくお願いします。

回答
ダイニング=茶の間・食堂とした場合。
水回りを避けた間取り計画となるので、張り欠けの無い北東エリアに食堂を配置 することについては無難と判断します。



前へ

トップ

次へ
Copyright (c) 2014 家相で家造りを考える. All Rights Reserved. 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。

建築運気携帯サイト・家相学
方位学家相講座
      

Google+