家相の覚え書き > 神棚の供え物について

家相で家造りを考える

家相の覚え書き




神棚の供え物について
神棚の供え物と言えば、米(稲)、塩、水、となりますが
これはあくまでもこの3つは必ず供えなければならないもので

可能であれば
朝一番に炊けたご飯とか料理、最初に入れたお茶など
日々食しているものを最初に神棚に供えるようにしてください。

料理をしなくても、必ず何かは食べたり飲んだりするはずですので、
コンビニ弁当やサンドイッチあるいはジュースを買ってきたら
フタを開けていつでも食べられるようにしてから
食べる前に供え
拝礼したのち「さげさせていただきます」といってから食事をします。

神棚への供え物として避けた方がよいとされているものとして

臭気の強いものや、団子とかまんじゅうなどは避けた方がよいとされています。

下の写真は地元の神社のお供え物です。






前へ

トップ

次へ
Copyright (c) 2014 家相で家造りを考える. All Rights Reserved. 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。

建築運気携帯サイト・家相学
方位学家相講座
      

Google+