家相の覚え書き > 廊下の家相

家相で家造りを考える

家相の覚え書き




廊下と家相
宅心付近から、西へつきあたりのトイレまで、北へ階段までとL字に中廊下をつくり、 東南玄関を含む(堺に扉)応接室と、北東、南、北西居室(少し大きさに差あり)、南西納戸をつなぎます。
居室は、それぞれ北階段からトイレや納戸、応接室と接してぐるっとつなげており、 真向かいにならぬようしてあるのですが、やはり対立相になりますか。

回答
中廊下の間取りという事であれば、対立相となっている可能性はあります。

ただし、中廊下を中心として、左右の居室のバランス(大きさが均等)が保たれていて 完全に分断されていなければ家族関係でのトラブルはおきにくいと思います。


前へ

トップ

次へ
Copyright (c) 2014 家相で家造りを考える. All Rights Reserved. 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。

建築運気携帯サイト・家相学
方位学家相講座
      

Google+